2013/06/02

上海BSデジタル

電話は宮里上海支店長からだったが、安藤課長とは連絡がついたが、やはり社に行かないと吉田沙希の連絡先は分からない、ということだった。月曜日に名古屋支店に出社して安藤課長が吉田沙希と直接話してからということになるのだろう。

春利は上海の部屋で日本のBSデジタル9局がテレビで観られるよう手配してもらったので、各局のニュースを日本同様に観ることが出来た。

どの局も地震関連のニュースが中心だった。宮城県の石巻の行方不明者が多いと言っていたが、現地と連絡がつかないためはっきりしたことは分からないようだった。東北地方の海側は地震と津波の被害が相当出ていることは報道から想像できたが、地震の時、来未が福島県内にいたのか、いたとしてもどの辺りにいたのかもまったく分からなかった。

「神は霊である」
春利が何かに突き動かされて目覚めた時、頭に残っていた言葉が繰り返された。

どうしてそのような言葉がやってきたのか、分からなかった。
海水がものすごい勢いで春利の頭上に押し寄せてきた。春利は海中で来未の名を叫んでいた。
ずっと向こうの海中を泳いでいるのは来未だったのだろうか。
しかし、次の瞬間春利は大量の海水を飲んで意識が遠のいていった。

意識が無くなった次の瞬間、その言葉がやってきて、目覚めたのだった。

夢だったのだろうか? 
次第に意識がもどり、アナログ置時計の針がスモールランプの明りで確認できた。
午前2時を回ったところだった。


To Be Continued

Sponsored Links