2013/01/23

福島の家

来未は上野で特急スーパーに乗り、いわき駅でJR常磐線に乗り換えた。

久ノ浜駅に着いた時は、予定通りの午後1時35分だった。

転居した久ノ浜の家には子供の頃から行っていたから道をたずねて行くという心配もなかった。徒歩で10分も歩けば家に着くだろう。家には母がいるに違いない。それより途中で顔を出して行こうと思っている春海の家は初めてなので、おおよその見当はつくが路地を入ったところだとすぐ見つかるかなあ、と思いながら歩を進めていた。

来未が春海と知り合ったのは、東京の短大だった。
名古屋を出る前日、久ノ浜だったら、春海はどうしているのだろう、と同窓会名簿で調べた番号に会社の昼休みに電話した。偶然にも春海が出た。

生家の魚屋さんを手伝っていて、まだ結婚もしていないという。それじゃあと思い、会社の帰りに春海の好みそうなスウィーツを土産に買った。

春海から聞いた通りの角に行った辺りで左に折れた。すると、聞いたとおりの看板が目に入った。学生時代の春海の笑顔を思い出し、懐かしさで来未の胸が高鳴った。


To Be Continued

Sponsored Links