2012/12/05

地震

横浜の団地に、妻・さなえ、そして息子・春利と一緒に暮らしていた頃を無意識に求めているのだろうか。

桑田荘太は、小田急線の駅から町田へ出て横浜線に乗り換えた。

新横浜で降りた桑田は北口改札を出て腕時計を見た。11時半になるところだった。空腹を感じた。朝は食パンにジャムを少しつけ、牛乳で軽く済ませてきた。

前年末に入った飲食店に先に寄ろうと思った。昼の12時前後から午後1時くらいまでは、周辺で働く人で混雑が予想された。新幹線口のある広場を抜け、エスカレーターに乗った。人の流れに従い、オフィスビルやホテルが並ぶ前方を仰ぎ見ながら左折して屋外歩行者デッキを歩いた。金曜日だが人の流れは途切れなかった。

信号待ちは一つだけで、そこを渡ると目当ての飲食店はすぐだった。
店内の客は数人だった。豚鮭定食をオーダーして、それほど待たずに届けられた。桑田が食べ終わる頃、オフィスビルの社員だろうか、上司と連れ立ってどっとやってきた。持ち帰りの客もカウンターの所に並んでいた。

図星だと納得しながら、桑田は480円を払って表へ出た。
やり過ごしてきた目当ての新横浜駅の新ビル内にある書店へ行く前に新横浜駅前公園を歩いて来ようと思った。食後にウォーキングすると血糖値が抑制されるし、頸椎症にも良いだろうと日頃から思っている。

そこへ足が向くのは、前回来たときに出会えた猫たちのことが頭にあった。この時間だと猫たちに餌をやりにくる女性はまだ来ていないだろうが、猫たちには出会えるかもしれないと思った。


To Be Continued

Sponsored Links