2012/07/29

上海へ

来未と食事した翌日、春利は出社するとすぐ課長から声がかかった。その日は営業のミーティングには出ないで良いと言われ、別室に案内された。

そこにはすでに部長がいた。聞いていたかもしれないが、2月の初めになると思うが、君に上海に行ってもらおうと思うが受けてもらえるか、と言われた。

春利には断る理由がなかった。

「沢君は電気の方も詳しいし、営業のセンスがあるから適任だと思うんだ」隣りの椅子に掛けていた課長がサポートした。

二つ返事の春利の表情を確認してから、部長は課長に目配せした。
「それでは、上海支店の様子と今後の予定については課長の方から案内があるから、何か困ったことがあれば課長と相談してやってくれ」

部長が席を立った後、課長は上海支店の近況にふれた。
上海には、日本人の支店長のほか日本語と英語が堪能な中国人女性がいるが、そのほかの3人は現地の中国人だという。

「私は、中国語は出来ないんですが、構わないんでしょうか?」
課長がときどき上海に行っていること、以前ホンコン支店に1年、シンセンに半年いたことがあることを春利は聞いていた。

「僕は、中国語を大学でやっていたので行かされたんだが、中国の会社や中国人を相手にビジネスをするのには、わが社の製品や技術的なことにもうちょっと詳しい人間が適任なんだ。それで、両方必要なんだが、中国語、北京語の問題は、現地に行ってから、営業時間とは別に、語学が堪能なひとに学習してもらうことになる」

「それは現地の語学学校に通うということですか?」

「いや、上海支店内でするから。それに、必要な研修になるから、費用は会社持ちだから」

「じゃあ、一所懸命やらなくては」

「まあね。君なら適任だということになったんだ」

春利は、口をきりっと結んで頭を下げた。


To Be Continued

Sponsored Links