2012/04/26

日産スタジアム

男は、金網で囲まれた円柱のポールが並び立つ広場に着いた。10メートル近い高さがあるだろうか。貼紙から循環形の噴水らしいが、水は止まっていた。広場の奥にはこれも大きな円柱型のスタジアムショップの建物があった。

目の前の石段を上って行くと、広場の左手に円錐屋根のチケット売り場があるのに気づく。窓が閉まっているので見落としていたのだ。男女のトイレ表示も目に入る。

石段を上がりきると、外周路へとつづく広場が現れ、そこにも金属で被われた太い円柱が並んでいて、見上げると五輪の輪のように丸くくりぬかれたシートが柱の間を被っている。目を移すと頭上には巨大な円形の屋根が立ちはだかっている。東ゲートの表示があり、やや高い所に、「NISSAN STADIAM」の文字が目に入る。

外周路に視線を移すと、あの時もあっただろうかと思われる物体が横たわっている。
金属製のそれに近寄ってみると、日韓ワールドカップのモニュメントだと分かる。

FIFA WORLD CUP
KOREA JAPAN

FINAL
30th June 2002 at YOKOHAMA

 Brazil 2-0 Germany

左側にブラジル・カフー選手の足形、右側にドイツのオリバー・カーン選手の手形が掘り込まれている。

そこを後にして、男は左回りに外周路を歩き始めた。北ゲートが見える辺りまで行った時、あの時に通ったのはそこではないように思える。

と、向こうから50歳くらいの男が早足でやってくるのが見えた。年末年始の休みにウォーキングしているのだろう。

やがて西ゲートの前まで行った。石段の下に東ゲートにあったのと同様のトイレ付のチケット売り場の建物が見える。

男は石段に腰を下ろした。雲間から陽射しが降りてきた。午後3時前だった。男は目を閉じた。


To Be Continued

Sponsored Links