FC2ブログ
2020/01/11

地球人

「ほんとうに、いつも突然だね。予期していたとはいえ・・。もう、一週間になるね」

「春利さん、あのメモをいつも忍ばせていたんですね」

「異変が起きた時、メモを落としていくとは言っていたが、瞬時のことだったと思うが、よく間に合ったというか・・」

「それにしても、誰なんでしょね? 残された者が、誰も気づかないように連れ去ることが出来る存在って」
梨花が宙に目をやる表情で呟いた。

「私にも分からない。地球内か地球外の存在かも、ほんとうは分からない。ただ救いなのは、生徒のみんながそれなりに受け止めているみたいで、春利やミナさんが居なくなっても、この塾をやめないで来てくれていることだね」

「ほんとうに。塾長のお父様がいらっしゃることも大きいと思いますけど」

「こんな爺さんでも、居ないよりいた方が良いのなら助かるが、いなくなった二人が無事に戻って来てくれるまでは、この塾をつぶしたくないからね」

「もちろんです。生徒たちも、荘太先生の教え方は分かりやすいって言ってますから」

「ほんとうに? 私は、自らの経験から、分からない生徒の方に目が行くね。どの科目でも、すぐ分かってしまうような才能には恵まれなかったから・・。それにしても、春利は、連れ去られる前に、後輩の先生の手配もして行ってくれたから良かった」

「ほんとうに。あの大学院生の方は、子供たちに愛情を持っていることが、ありのまま感じられるわ」

「そうだね。心理学の博士課程だと聞いているが、理数の才能にも恵まれているようだね。よく春利の塾に来てくれたね」

「春利さんの人徳じゃないかしら」

「お世辞でも、親としてはうれしいね」

「先生!」ドアが開き、中学1年生が次々と入って来た。

「塾長は、銀河鉄道に乗って未来を旅してる・・」
後ろの生徒の声が聞こえる。

To Be Continued

Sponsored Links