FC2ブログ
2019/07/10

現在・過去・未来

「人間の目を惑わすというか、そうしたことをするETがいそうな気もするね」

「人間よりどれだけテクノロジーが進んでいるか分からないけど、彼らは光のことを人間よりはるかに知っていて、光をコントロール出来るのかもしれない」

「春利、それってホログラムのことかい?」

「分からないけど、光を自由に屈折させたり別な空間に移行出来たり。それで、相手に実像とは違う像が見えるよう操作したり。どの種とかは特定できないけれど、そうしたことが出来るんじゃないかと」

「それで、春利がこれまで遭遇した存在の実像は分からないと」

「そう。世界の人々の前に現れた聖母マリア。代表的なのが、1917年にポルトガルのファティマの太陽の奇跡と呼ばれる事件で、ルチア、フランシスコ、ヤシンタの前に出現した聖母マリア」

「あの、”おどる太陽の奇跡”のことだね」

「そう。僕のところに現れ、空飛ぶマシンで縄文時代へタイムトラベル。あれって、ほんとうは誰なんだろう・・。それとも、ある種の夢だったのか? テレパシーと言っても、本人がそう思っていれば、そのように聞こえるかもしれないし」

「あるいは、別のエイリアンだった?」

「分からない。人を惑わす悪い存在だったとも思えない」

「うーん。それは私には分からないな。太陽の奇跡で現れた大変な存在が、春利のところに現れ、縄文時代にタイムスリップしたとは・・」

「それにしても、その同じ存在が、例の近未来の存在と関係があるとしたら」

「春利、それは怖ろしいことだね」

「僕も。それで、どちらであっても、地球再生計画を実行しないように祈っている」

「私もだ」

「一瞬にして焼かれることもだけど、脳にインプラントされ、生き残った人間の記憶を消し、別の地球へ連れて行ってそこからまた次の人間の新たな一歩が始まるとは・・」

「だとすると、過去の人間も、どこかの時点で記憶が消されているかもしれないね」

「父さんも、そう思った」

「うん」

To Be Continued

Sponsored Links