FC2ブログ
2019/03/01

Before the dawn

ドアが開き、中学部の生徒たちが次々に現れた。

団地の部屋を利用しているだけに同時間に授業として使える部屋は2つしかなかったが、普段と違う点は、昼間であることだ。

「何か申し送りは?」授業が始まる少し前に、父の桑田荘太が到着して小声で言った。

「特にないけど、僕らが授業中だったり、何かの時用にそれを見てね」春利はテーブルの上に置かれたノートを指さした。

荘太が「申し送りノート」を手にした時、ミナと春利が立ち上がり授業に向かった。

ミナは中3生の英語で、春利が中2生の数学だった。梨花も中学部の数学を担当していたが、その日は授業が組まれていなかったので、父の荘太がヘルプに入った。授業中に誰か来たり、生徒や父兄からの連絡や問合せにも春利は気を配っていた。

戸は閉められたが、先生や生徒の声が2つの部屋から時折聞こえる。荘太はその声に安堵を覚え、テーブル上のノートパソコンのボタンを押した。画面にはエクセルやワードのフォルダやファイルがいくつも並んでいたが、荘太はその日のニュースが気になりインターネットのマークをクリックした。

しかし、設定されているヤフーの画面が開かなかった。
画面は真っ黒のままなので荘太は再起動しようと思ったが、次の瞬間黒い画面の上の方に小さな光点のようなものが現れた。

「変だな。故障かな?」

すると、光点が次第に大きくなって画面の中央で球体になり回転しているように見える。

「なんだろう?・・もしかして・・」

「ツタエタイコトガアル」

「えっ?」

それは荘太の脳内でではなく、パソコンに内蔵されているスピーカーから発せられたように思える。
画面の光る球体は回転し、W i-F i ルータが点滅している。

「だ、誰?」

「キミタチ ミンナニ ツタエタイコトガアル」

「もしかして・・」

「ソノトオリ」

To Be Continued

Sponsored Links