FC2ブログ
2018/09/24

宇宙政府

電話は梨花からだった。

梨花は春利の塾の教師に加わったが、慣れるまで週一度の数学とイレギュラーの土日補講担当ということで、春利と顔を合わせるのは実質週一だった。

「それで、これから夕食をどうしようかと思っていたところだけど、梨花さんは?」
梨花はちょっと話したいことがあると言ってきたので、都合を訊いてみた。

春利は出来れば出かけたくなかった。長いこと授業から離れていたので、テキストの予習をしないと不安だった。急な変化に適応できていないことは身体で感じていたし、ふたたび眩暈が起きたら困るとも思う。

そのことにふれると、梨花は春利の塾へ行くという。

「沢さんの好きなお弁当か何か買っていこうか?」

「梨花さん、ピザは嫌い?」

「ピザならなんでもOKだわ」

「じゃあ、野菜の多いのやなにやら、こちらで良さそうなの頼んでおくから、買ってこなくて大丈夫。飲み物で自分の好きなのを買って来てもらえば。これから家を出るのなら、こちらに着くころには間に合っているかも」

電話を切ってから、頭はだいぶ地球環境に戻ったかも、と春利は思う。

「わたし、見るようになったんです」
ピザ店が春利の家から比較的近いこともあり、土曜なのに梨花が着く前にバイク音がしてピザが届いた。梨花が買ってきたパック入りの牛乳と緑茶をカップで温め、あたたかいピザを分け合って食べ、しばらくたった時だった。

「えっ・・」

「先日授業に来た時は話すのはもう少ししてからと思ったけど、ミナさんからいろいろ聞いたこともあり、沢さん、まだ動揺が治まっていないと思うけど、話しておいた方が良いと思って」

「見るようになったって?」

「沢さんが居なくなってから3か月ほどして、ミナさんに連絡して、沢さんのことを聞いた直後かな、夜中に目覚めてカーテンの向こうの空にとても大きなオレンジ色のものを見たんです。それが初めての経験だったわ。それから・・」

To Be Continued

Sponsored Links