2011/12/29

フロリダ

桑田はロバートの前にサト子が同居していた男の名は知らなかった。サト子の口からは一度も出なかったが、日本にロバートと行くという電話が入った時、もうその男とは10年くらい一緒に住んでいるが、一度もセックスしたことがないと言った。

アメリカで女性が一人で住むことは危険だから、と言ったが、「籍も入っているの」と桑田が訊くと、「入っている」とこたえた。

日本にロバートと一緒に行くと聞いた時、「彼とは一緒に住んでいるが、私の部屋を貸しているが、互いの生活には干渉していない」と同居している男にふれて言った。「ロバートは良い人で、私に好意を持ってくれてる」とも。

「ロバートは白人男性?」と訊くと、そうだという。

「それなら、今一緒に住んでいる人と別れてロバートと一緒になった方が良いじゃない」

「そういうわけにもいかなのね」とサト子は力が抜けた語尾で言った。

そのときの電話のやりとりから、サト子がロバートと一緒に日本へ来ても、会うことはやめよう、電話にも出ないことにしようと桑田は決心した。
二股かけているようでどうも嫌な感じがしたからだった。

サト子の方からかけてきたのだが、もう1時間以上話していることが気になりながら話していた。
相手はスカイプだというから、こちらもスカイプにすれば無料で話せるが、利用することも少ないしなどと思いながら桑田は聞いていた。

それから更に1時間ほど話して電話が終わった。10時を回っていた。

桑田は、風呂をわかしてないことを思い出した。12月に入って足が冷たくてなかなか寝付けなくなっていた。年齢もだが、パソコンの姿勢からくる頸椎症のためだった。


To Be Continued

Sponsored Links