2018/04/14

父子の絆

桑田荘太は小田急電車のつり革につかまっていた。

春利が居なくなってから、荘太は春利の家に泊まる日が多くなった。
頭の中はいつも春利のことが気がかりだったが、週に一度は自宅に戻り、
問題はないか確認した。
新聞の契約は解除したが、電気・ガス・水道はそのままだった。

あと10日もすれば、7月に入る。夏期講習の準備もしなければならなかった。
塾の方はなんとかなっても、春利がいつ戻るか、
ほんとうに帰ってくるかが気になり、眠れない日も多かった。

町田駅を告げる車内アナウンスが流れた。
小田急からJRに乗り換え、次は新横浜で市営地下鉄に乗り換える。
昼食は塾の近くで食べようと思う。

それにしても、春利が居なくなってから3カ月になる。
市営地下鉄の席に座り、向かいの席に座っている背広姿の男性を見た。
スマホで何かをチェックしている様子だ。
年齢は春利と同じくらいだろうか?

離婚してから、長いこと会っていなかったが、春利は私を探してくれていた。
5歳だった春利が、りっぱに成長し、私の前に現れた。
妻のさなえは病死したが、春利は私をたずねて・・。

しかし、上海から戻った春利は、会社を辞め学習塾を始めた。
3年間無事にやってこられたのに、とつぜん行方不明になってしまった。・・

車内放送が遠くの方で聞こえた。
「あっ!」
意識が戻った時、荘太は下車駅を過ぎてしまったことに気付いた。

To Be Continued

Sponsored Links