2017/11/13

地下都市

「遅くなったけど、最後にもう一つ良い?」

「ああ、この際」

「最初、人間とほかの生き物をこの地上に造ったのは、
同じ神と呼ばれたETか、それとも自然発生、つまり進化論か?」

「もう少し具体的に言ってくれ」

「仮に、40万年か45万年前にアフリカに金の採掘にやって来た神と呼ばれたETが、
その後、当時いた人の祖先と彼らの遺伝子を使って新たな人間を造ったとしても、
そのときには、すでにお猿さんのような人間の祖先がいたわけだよね」

「その遺伝子操作される前の人間の祖先を造ったのは誰か、ということかい?」

「そう」

「すべて進化論で考えるか、すべて神によると考えるか、だということにあると思うが、
どちらかと言ったら、神が造ったという方だね。これまで神と呼ばれてきたETを造ったのは、
全宇宙を造った神だと思うから」

「父さんの考えが分かった」

「春利はどう思っている?」

「はっきり言って分からない。でも、ETも信仰を持っているかもしれないと思う。自分らを造ったのは
神だという」

「なるほどね。この宇宙が自然発生的に出来たのか、何者かが意図的に造ったのか」

「父さん、遅くまでごめん。僕には分からないことだらけで」

「私だってそうさ。だから、神様にゆだねたいんだ」

To Be Continued

Sponsored Links