FC2ブログ
2017/10/13

地下都市

「そう。実はそのことにもとても驚いている」

「どんな?」

「八ヶ岳山麓の地下都市では、辺りを出歩いてるヒトには出くわさなかったけど、
我われとあまり変わらない姿のヒトが建造物の中にいるのではないかと勝手に想像することにした」

「それで?」

「しかし、あのマシンに乗っていた生き物は小さいけど、ロボットには見えなかった」

「どういうこと?」

「でも、ロボットだと名乗ったんだ」

「沢さんには、私たちのような人に見えたわけね」

「そう。僕の部屋に現れた半透明な存在よりずっと普通だった」

「沢さんは、随分いろいろ体験しているのね」

「何とも言えないけど、あのヒトは、ロボットというより、クローン人間というか・・」

「何か特徴があったの?」

「小さいだけで、どこにでもいるような日本人に見えたんだ。それで」

「それで?」

「これまで抱いていたロボットのイメージとは違って。金属とかプラスチックとかではなく、普通の人間」

「ふつうのにんげん?」

「そう。顔の肌も、人の細胞で、僕らと変わらない。それに、普通に日本語で話しているように見えた」

「見えた。でも、どこか違っていた」

「違っていたのは、人間臭さというか、成育歴みたいなものが希薄だったかな」

「人造人間・・」

To Be Continued

Sponsored Links