FC2ブログ
2017/08/23

訪問者

「やっぱり、謎でいっぱいだね。地球の半径は約6400キロとか聞くけど、地球人は地下約4キロ位しか行ったことがない」

「そうね。マグマの下のマントルの下に住んでいるんだと2900キロ下ということに」

「ミナさんは、そこへ行ってきた」

「あの乗り物で直ぐに着いたけど、そこには、地表よりはるかに整然とした都市が広がっていた」

「それは、不思議としか言いようがないね」

「そうね。私、そこが別の空間ではないかと疑ったわ」

「実際どうなんだろう?」

「はっきり言って、今の私には曖昧だわ」

「それで、案内してくれたカタは何か言っていなかった?」

「ええ。でも、『地球の地下を案内する、上空だけでなくあなた方の足の下にも沢山の生き物がいることを知っておくべき』だと」

「それだけ聞くと、我われが住んでいる同じ空間のように思えるね」

「ええ。でも、重なっている別の空間が、我われの地下でどのような形で存在しているのか分からないし」

「そうだね。別の空間の在りようが、今の我われには実感できないから」

「私も、本の中では私たちの地表の下を意識して書いたけど、クリーンエネルギーの研究者で、重なっている別の空間だから、地下を掘っても、そこには彼らはいない、という人もいるから」

「ミナさん、彼らが別の空間と我われの空間とを自由に行き来しているとしたら、捉え方が全然違っているのかもしれないね」

「そうね。でも、彼らには、その違いを明確に説明できると思うから」

「その違いを聞いても、僕らに理解できるだろうか」

「今の人間の科学では、一般人向けの基本概念が具体的にないから難しいところね」

「だいいち、僕らの生の肉体は、マシンなしでは別の空間に行かれないんではないだろうか?」

「アストラル界・・」

To Be Continued

Sponsored Links