2017/06/20

奇妙な会話音

nekome.jpg

「父さん、僕は早乙女さんが神社巡りをしているというのを聞いて、自分も勝手に神社へ行ったと思っていたけど」

「そうではないと思うのかい?」

「よく分からないけど、なぜ、あの日にあらたなETに出遭ったのかな。何か働きかけがあって、出かけて行く気になったのかな・・」

「うーん。何か夢をみたとか声が聞こえたとかではないんだね」

「それはなかったと思うけど、意識がそちらへ向く、というのは、自分の思いだけではないような気もするんだ」

「うん。私もそういうことを思う時があるね。彼らの働きかけというか」

「父さんもそういうことを考えることがあるんだ」

「あるね」

「それって、直接人間の脳に働きかけて彼らの意思を伝える。そうした場合、自分の願望から行動したようで、実は・・」

「そうだね。丸ごと動かされると、区別がつかないよね」

「そこまで行くと、分からなくなってくるなあ。悪く考えると、なるようにしかならない。なんか捨て鉢にもなりかねない」

「しかし、人としては、やはり良心というか、人が平和に暮らせるよう願うしかないと思う。人間にはそれ以上のことは出来ないから」

「そうか。良心に従って進めば良いということだね。でも、自分が良いと思って突き進んでいても、ほかの人にとってはそうではないということもあるよね」

「そうだね。それが大きな組織になると戦争に発展する。今の世界を見ても・・」

「戦争はなくならない。神と呼ばれるETは、人間がすることを黙ってみているのか、それともコントロールしているのか」

「そうだね。異なるET同士の戦争もあったと思うから、深く考えると分からなくなるね」

「でも、人間は彼らにはとても太刀打ちできないから」

「そうだね。人間は神をコントロールすることはできない」

「しかし僕は、来未が震災で亡くなるまでは、ETの存在は信じていなかったから」

「うん。我われ人間は、特殊な人を除いては異次元を行き来できないからね。ふだんは、目に見える物だけを頼りに生きているから」

To Be Continued

Sponsored Links