2016/12/05

新たな遭遇

「頭が長くて顔も人間とは少し違っている・・」

「それ、長頭人間。日本にも烏帽子をかぶっていたり、七福神にもいるっていう」

「知っているんだ」

「ブログでちょっと見たことがあるわ」

「僕も、数年前から気になって」

「もしかして、沢さん遭ったことがあるとか」

「いや、僕はその種の存在にはまだ遭ったことがないけど、今でも世界中にいるって読んだことがある」

「つまり、この地球にはさまざまな種がいるってことに」

「そうかもしれないね。縄文土偶や世界中で大昔のテラコッタが発掘されていて、それらに共通のコンセプトがあるってことは、太古の昔からいて、人間と関わりを持っていたということになる」

「そうね。学校ではそんなこと教えて来なかったけど」

「太古の人々が想像で造ったとは考えにくい。だって、リサーチャーやそのほかの人が、それらの土偶やテラコッタの中に、ハイレグパンティーを穿いているってことに気づいたんだから。仮に6千年前としても、当時の人間が、そんなの穿いていたなんて考えられない。人間よりはるかに進んでいる存在でなければ・・」

「ダヴィンチから話が飛んだけど、ハイレグパンティーって、それは、女性のETのこと?」

「そう。リサーチャーが説を唱えている、あの、イシュタールとかイナンナと呼ばれている土偶とかテラコッタの」

「そのお方は、沢さんが遭ったことがある・・」

「そう。あのお方と同一の存在だと言われている」

「今でも、生きているということになるわね」

「神と言われてきたET。ああ、この会話、聞かれているかもしれない」

To Be Continued

Sponsored Links