2016/11/30

新たな遭遇

「日本のリサーチャーで、ダヴィンチやミケランジェロやほかの画家たちにふれている人がいるけど、あれがほんとうかもしれないと思うことがあるね」

「どんな?」

「ダヴィンチのあの時代では不可能としか思えないことが絵画の世界に表現されている。飛行機がない時代に、上空から俯瞰したイタリアのある地域が、グーグルアースで見たように、詳細に描かれている。つまり、空飛ぶ乗り物で上空から見なければ描けない景色を、地図のように正確に仕上げている。上空から見たものを写真で撮ったように」

「人間技ではないってこと?」

「そう。当時人間には、そうした写真機もなかったろうし、上空から見ることも出来なかった。それに、当時では行くことは不可能だった外国の山とかを描いているようなんだ」

「ということは?」

「つまり、エイリアンに助けられていたか、ダヴィンチ自身が一般の人間ではなかった」

「それは、どういうこと?」

「ETに助けられていたか、彼自身がETかETとのハイブリッドだった・・」

「混ぜ合わせ。混合種?」

「そう」

「そんなことができる?」

「遺伝子操作とか遺伝子組み換えとか、その領域のことが、彼らには容易に出来るのかもしれない」

「もし、ダヴィンチ自身がそうしたハイブリッドだとして、何かそれと分かる証拠が残っているの?」

「それが彼の作品やミケランジェロの作品と言われるものの中に、否、ほかの画家の作品の中にもあると、リサーチャーは言っている」

「沢さんはその証拠みたいなものを見たの?」

「それらを見て、断定は出来ないけれど、可能性は充分あると思う。それに、ダヴィンチの場合、彼の親しかった存在が彼の書き残したとされるスケッチの中に描かれているんだ」

「それは、どんな姿かたちをしているの?」

To Be Continued

Sponsored Links