2016/10/27

新たな遭遇

春利はカーテンの間から差し込む光を感じた。時計の針を見て、塾の授業のことが頭に浮かんだ。焦って起き上がった。12時近かった。何があったんだ・・。

ようやく記憶をたどりよせることが出来た。夢ではなかった。公園から、あの乗り物で・・。ということは、今日は日曜日で間違いない。

テレビを点けるとニュースをやっていた。夜中に公園で降ろされ、戻ることが出来たがなかなか寝付かれなかったんだ。だからこんな時間まで寝過ごした。大丈夫、記憶を消されたわけではない。今日は日曜日で、補習授業はない。大きく息を吐き出してソファに寝転がった。

顔を洗って戻ると、冷蔵庫から野菜ジュースをだし、牛乳パンをかじりながら記憶をたどった。

円盤型の乗り物でアフリカ上空へ行った。灰色の大地に緑が点々と見えた。操縦している宇宙服の相手から、アブズ、ジンバブエ、というメッセージが届いた。ずっと下方に、円形の囲いで被われたものが見えた。グレート・ジンバブエ遺跡。半分緑の樹木で被われていた。遠い昔、この辺りで現在の人間の祖先が創られた、と言っていた。詳しいことは何も分からなかった。

僕は、内心ずっと怯えていたんだ。あれで最後になるかもしれないとも思った。しかし、無事に戻された。それにしても、あの円盤型の乗り物に乗っていた3人は人間とは違っていた。あのイナンナと言われるマリアさまも、ほんとうはあのような顔をしているのだろうか。宇宙服や被り物を脱いだ素顔を人間には見せないのかもしれない。縄文時代はどうだったのだろう。

と、その時室内のブザーが鳴った。

もしや、生徒かもしれないと春利は玄関に向かった。

「ごめん。連絡付かなかったので、来てみました。おじゃまですか?」

「梨花さん・・」

To Be Continued

Sponsored Links