2011/10/23

妻・さなえと春利のいる公団から追い出される格好で家を出た桑田荘太は、10年ほどアパート暮らしをした後、川崎市にある公団分譲の中古物件を20年ローンで購入した。駅に近い方が何かと便利だとは思ったが、長くても3年から5年で職を変えるため高額なローンは無理だった。

名が知れ渡った駅からだと値が張ると思い、桑田としてはあまり耳にしない駅名を選んで探した。

結局、決めたのは小田急線にある駅から15分余り歩く中古団地だった。3DKで700万円だったが、頭金は百万しか用意できなかった。600万を20年ローンで払うわけだが、勤続年数が5年未満の小企業の営業マンで担保物件もない独身者だということで、保証人を付けてくれと不動産会社の担当から言われた。

荘太(そうた)は4人兄弟で、一番上が姉で実母が亡くなった数年後に嫁いでいた。続いて兄が2人いたが、上は定時制高校を出て働いていたが、数年前に心を病んで入院した経験もあり、いくどか転職していたので当時50歳になるところだったが、肩書きのない一般社員だった。
そこで荘太は直ぐ上の兄に頼みにいった。齢は荘太より五つ上で、国立大学の機械工学部を出て、精密機械を扱っている会社で当時課長だった。

月々の支払いが始まってからも、桑田は職を変えた。50歳を超えると、応募しても契約社員しか決まらなくなった。
1年か2年くらいたつと、派遣会社から次の職場の案内をされた。もっと安定したところがないものかと派遣会社を変えてみた。

しかし、結果は同じだった。派遣会社を変える気力もなくなり、とにかく仕事があれば良いと思うようになった。
60でリストラされたときの仕事は、IT関連企業で、コールセンターの電話営業だった。
行く末を気遣った桑田は、契約満了を告げられる数ヶ月前になんとか工面して住宅ローンの残金を一括返済した。


棟の下まで来た桑田は、一階の入口に点いている明かりを見てほっとした。並んでいる郵便受けの一つに手を掛けた。マンション売買やリフォーム会社のチラシ広告が投げ込まれていた。


To Be Continued

Sponsored Links