2016/06/22

空からのメッセージ

s6.jpg


「あの方って、マリアさま?」

「梨花さんには想像もつかないかな」

「どういう意味で?」

「マリアさまが、数千年以上生きていて、実在しているってこと」

「人間の常識から言ったら、それが普通じゃない?」

「僕は、マリアとイエスの関係は親子関係では・・」

「私も詳しくはないけど、処女降誕って、信じがたいから」

「実際は僕にも分からないけど、新約聖書の部分は宗教として書かれたもので、別々の神と呼ばれたETだったのではないかということ。そして、現実の神と呼ばれた二人のETは、人間のような形で誕生したのではないのではないかと」

「どういうこと?」

「リサーチャーが言っているように、かれらは、人間のような生殖行動によるのではなく」

「遺伝子操作?」

「実際彼らから聞いたわけでもないし、質問もできないけれど、人間のような親子関係とは違うんではないかと」

「ええ、私もそんな風に思えるわ」

「分からないことばかりだ」

「私だってそうだわ」

「神と呼ばれる彼らのことでなくても、突然の地震と津波で来未が行方不明になったことや、早乙女さんが僕の前に現れたこと、それに、あの方の乗り物で、縄文時代と現在を行き来したことなど、みんな夢のような現実で・・」

「そうだわね。私だって、どうして両親や妹の来未が突然いなくなってしまったのかと」春利は梨花の目から大粒の涙が落ちるのを見て、座っていられなくて立ち上がった。

To Be Continued

Sponsored Links