2016/04/02

夢のしらせ

「沢さんは帰国してから、会社を辞めてご自分で学習塾を始めたんですね」

「ええ、ここから歩いて行かれる集合住宅で。後で案内します。で、梨花さんは今は?」

「私は自宅でパソコンを使って」

「僕の父も、収入は少ないようですが、アフィリエイトみたいなことをやっているようです」

「じゃあ、私とおんなじですね」

「でも、梨花さんが福島から横浜へ来るのには、けっこう決心がいったんじゃないかなあ」

「両親と来未はもう帰ってこないってことが信じられないけど、現実を受け入れていかなくてはいけないと自分に言い聞かせ、思い切って福島を離れて見ようと思った時、なぜか横浜が浮かんできたんですね。学生のときに友だちとランドマークタワーとか港周辺を見に来て、その後に数回来ていたんですね」

「じゃあ、気にいったところがあったんですね」

「津波を知るまでは、福島も横浜も海でつながっているっていうプラスイメージが強かったから」

「そうなんですね。僕としては、この向こうの僕の家の近くに別の地下鉄駅があって、梨花さんの所まで地下鉄一本でつながっているから」

「偶然ではない、と」

「僕にとっては、最初に不思議なことがあったのは、名古屋にいたときだけど」

「シャンハイに行く前の?」

「ええ。会ったこともない存在が現れて」

「どちらで?」

「借りていたアパートで」

「アパートの部屋に、ETが現れたとか?」

「いえ。年が明けてすぐだった。パソコンでネットサーフィンを始め、いつしかアパートの外は日が陰っていたけど、意識が遠のいていくようになり、ソファに掛けた状態でしばらく眠っていたのか。気がつくと、パソコンの画面に、マリアの像が大きく映し出されていたんです。知らぬ間にどこかをクリックしたのかな、とも思ったんですが、画面のマリアはじっと僕を見つめていたから、そうではないと。深い眼差しだと思いましたね」

「それで」

「マリヤさま、と思わず声に出して言おうとして。すると、二つの目の端から涙がこぼれて頬を伝って落ちて」

「マリアさまの頬を涙が?」

「ええ。その後に起こったことから、後から思うと、知らせに来たんだと」

To Be Continued

Sponsored Links