2016/01/31

架け橋

春利にメールが入ったのは、9月の第二日曜日の午前中だった。ミナは京都に戻ろうと武蔵野にある生家から駅へ向かって歩いていた時、突然彼らの空飛ぶ乗り物に吸い上げられたが、詳しいことはパソコンのスカイプで話したいと言ってきた。

準備をして発信しようとした時、先にパソコンが唸りだした。パソコンに映し出されたミナの顔はいくぶん青ざめているようにも見える。

「一体どうしたのか、詳しく話してもらえますか?」

「私も突然のことで、急に体が宙に浮いて、気がついた時には、マザーシップの一室にいたんです」

「マザーシップ?」

「ええ、全体像を映して見せてくれたんだけど、10キロもの長さがあり、あの葉巻型の物だったわ」

「10キロ! 良くネット上のビデオで見られるあれ?」

「そう。ほとんど同じものだったわ」

「それで、彼らがミナさんを拉致というか、突然そのマザーシップに連れ込んだわけは?」

「ええ、背の高い金髪で碧い眼の女性のようで、肌は蝋のように白かったわ。彼らの種と人間との架け橋になって欲しいと」

「架け橋?」

「ええ、プアビさんと言って、悪いエイリアンというというより高貴というか徳が感じられたわ」

「プアビさん。どこかで聞いたことがあるような。じゃあ、我われ人間に近い感じの・・」

「確かに違ってはいるけど、北欧人に近いというか」

「詳しいことは分からないけど、そのことを伝えるためにその方はミナさんを選んだわけだ・・。それで、特に危害を加えられることもなく戻されたんですね」

「ええ。帰りは小型の円盤型スペースクラフトで、気がついたら京都の賀茂川の川岸へ降ろされていたのね」

To Be Continued

Sponsored Links