2015/11/23

夢と別な空間

ミナが時計に目をやった。

「ここにずっといたい気もするけど」春利も腕時計を見て言った。ミナは一瞬上空を見上げたが、春利の方へ視線を戻した。

「僕が良く行く安いお店でもいいかなあ」午後1時半になるところだった。

「私も、日頃そんなに高級なものを食べてはいないけど。お腹空いたからどこでもお付き合いするわ」

「今回、心の整理というか、混乱していたから、助けてもらって感謝しています。それにしても、今も、あのお方は僕らのことを見ているのだろうか」

「それはないような気がする」

「しかし、これまで知らなかった世界がどんどん分かってきて、これからどうなっていくんだろう」

「そうね」ミナが先に立ち上がった。

「芝生を横切った方が早いけど、蚊に刺されるといけないから」春利はすぐ後ろの舗装された広い歩道に向かった。

「沢さんは思い出したくないかもしれないけれど、一つだけ訊いても良い?」

「どんなこと・・」

「沢さんが乗った乗り物のことだけど」

「思い出せる範囲なら」

「乗り物の内部の様子、憶えている? 無理に思い出そうとしなくていいのよ」

「どんなこと?」

「機内にコイルのような物があったかどうか」

「公園から上空へあがっていって乗った時も、その後に乗った乗り物にも、そうしたものの記憶は残っていないですね」

「ありがとう。ということは、私がカナさんと乗った乗り物とは違うかもしれないわね」

「機内では、アンドロイドかもしれないけれど、前の席にいた僕より小さなETのような存在やあの方やETが乗っていた後の機内でも、コイルはまったく記憶にないですね」

「ありがとう。それ以上無理に思い出そうとしなくていいわ」春利は小さく頷き、目の前の信号を先にわたって行った。

「沢さん!」渡り終えた時、突然ミナの声がした。振り返った春利の左手の甲から掌へと柔らかく暖かい指先が滑り込んできた。

To Be Continued

Sponsored Links