2011/09/18

奇跡

夕方6時に会社を出た沢春利は、名古屋駅から賃借アパートに向かう地下鉄電車に乗った。急いで空いている席を取りに向かうのも面倒になり、出入り口に近い辺りのつり革につかまった。

3つ目の駅名を聞いてからしばらくすると、この世に奇跡というものがあるのだろうか、という疑問がふぃに春利 の脳裏に浮かんできた。日曜日に偶然ネットで観た「秋田のマリア」のことを思い出していた。調べてみると、世 界中にあるマリアの像のあるものから涙が流れ落ちたという記事にであった。血が目から流れ落ちたこともあり、あるものは手のひらから血が流れたという。イエス・キリストの場合も載っているが、マリア像からの方が圧倒的 に多かった。

教会の建物内にあるマリヤ像や個人宅の部屋にあるものから流れたということは、キリスト教を信仰している人や関心がある人に訴えているのだろうか。

春利は5歳のときに家を出て行った父・桑田荘太(そうた)のことを思った。両親が離婚して、春利の姓が「桑田」から母が結婚する前の「沢」になったと、春利は後に母・さなえから聞いた。

春利が、父のことを思い出 したのは、荘太がキリスト教関係の大学の神学部を出ていると母から聞いたことを思い出したからだった。カトリックとプロテスタントのおおよその違いについては、高校生のときに知ったが、そのとき春利の頭に残ったのはカトリックの神父は結婚しないが、プロテスタントの牧師は結婚する、くらいのものだった。

だから両親は結婚して春利が生まれたんだと。そんな曖昧なものだった。


車内アナウンスが、「星が丘」の名を告げ、車内の乗客が立ち上がるのが目に入った時、春利はふと我に返った。


To Be Continued

Sponsored Links