2015/08/08

別な空間

「聖母マリアがポルトガル中央部・ファティマに現れたときのことね。私もそう思う。何万という人々がヨーロッパから集まったというから」

「しかし、それにしても不思議な方ですね。ネット上では、ダヴィンチやミケランジェロが表現したマリアは、あるリサーチャーによれば、レプタリアンとか悪魔的な要素をもった存在でもあると・・」

「ええ。聖書に登場する複数のマリアには、悪魔的な要素は書かれていないから。あれは、聖書を書いた人の創作だと私は思う」

「ということは?」

「聖母マリアについては、西方教会・東方教会それぞれ教派ごとに違いがあるし、聖母マリアとマグダラのマリアは、ダヴィンチやミケランジェロの作品上では、同一と言っている人もいるし、聖母マリアが地球生まれであっても、ETであるなら、人間が想像できない不思議な面をいっぱい持っているはずだと思う」

「早乙女さん。彼らETは、人間が思い描く姿になって現れるのではないかと僕は思うけど」

「ええ、どういうメカニズムが働くのか分からないけれど、そうした面があるのではないかと私も思う。私にとっても、謎だらけであることには変わりはないわ」

「その前に、これまで僕らは、聖母マリアやキリストにしても、ダヴィンチやミケランジェロやラファエロなどの作品を通してその姿をイメージしていたけれど、彼らも会ったこともない存在ではないのだろうか」

「一番の謎はダヴィンチね。はたしてダヴィンチは、私たちのような人間なのか」

「というと?」

「ダヴィンチは、キリストやマリアの正体を知っていたのではないかと」

「会ったこともない存在の実体を知っているということは」

「ええ。過去のギリシャ彫刻や絵画やダヴィンチが出遭った誰彼から知り得た」

「早乙女さん。リサーチャーの人がネット上で、ダヴィンチは長頭人間の友達がいたとか、飛行機が発明される500年も前に上空からイタリアのある地域の精緻な地図を描いていると」

「私もそれは観たけど、3Dを使っていた、彼らの助けを借りていたという。それもだけれど、ダヴィンチには人間以上の能力が備わっていた」

「人間以上の・・」

To Be Continued

Sponsored Links