2015/07/07

別な空間

「たとえば、先生がそれについて話したとか、友達の誰かが言ったとか」

「わたし、言わないようにしていた。先生も誰も言わなかった」サイカはシノの方を気にしながら言った。

「坂木さんのクラスでは、昨日の夕方、空に不思議なものが現れたとかって話が出なかった?」

「私のクラスでは、そのような話はなかったけど、クラスに、ユーホー見たって人はいるよ。もう、前のことだけど、あれ、みなとみらいでだったかな。なんか、上空に、風船みたいなのがいっぱい現れたって」

「あ、そうなんだ」その時、ブザーが鳴って、女の子が二人現れた。

「ちょっと用事があって。すみません、遅れちゃって」

「いや、これくらいならセーフだな。でも、休まないで来てくれたから、良いことだな。じゃあ、始めよう」
春利は、先に来た二人には、またね、と小声で言って目線で合図した。

子供たちが帰ってから、春利は、坂木が言っていた風船みたいなUFOについて調べてみた。

見つかった。UFOの大群が横浜アリーナ上空に現れた、という動画だった。2年半くらい前だったのか。映りは良くなかったが、ときどき光る物体がちらちら見えていた。

ほかにないだろうかとさがしてみると、とてもよく映った写真が見つかった。正に青空一面に散りばめたように光る物体が写っている。

春利は上海にいた時なのでまったく初めて知る情報だった。写真はプロのカメラマンによるもので、ある宗教家の講演会が行われていた上空とのこと。終わったばかりの講演会場から帰る人でごった返していたとある。

その上空には、数十から数百機ものUFOが現れ、多くの人に目撃された、と。さらに、後日この宗教家が言うには、当日の多数のUFOはこの説法を拝聴するために来たものだというのだった。

To Be Continued

Sponsored Links