2015/06/30

別な空間

中2の生徒たちからあの上空の物体についての話が出るかと思ったが、何もなかった。春利から話を切り出すことはよそうと思った。授業にならなくなる恐れもあるし、変だと思われるかもしれない。

翌日は9時に目覚めた。まもなく子供たちの学校が夏休みになる。午前中の授業を希望している子もいるので、出来る範囲で対応しようと布団の中で思う。カーテンの隙間から射し込む陽射しに洗濯物がたまっていることを思い出し急いで起きる。梅雨明けしたんだよな、と思いつつ。

遅い昼食の食器を洗いながら、今日は小学生の授業だけだから、終わってからどこかへ夕食を食べに行こう、と窓の外を見る。洗濯物が風で回っている。陽射しも強いから、と窓を開けさわってみる。すっかり乾いている。ちょっとうれしくなって取り込みにかかる。生徒が来る前にそうしておきたかった。

「先生、私、きのう帰りに公園のところで何か、不思議なもの見ちゃった」入って来るなり生徒の1人が口元を震わせて言った。
髪が長く目が大きくて不思議な輝きを帯びていたあの母親の娘・サイカだった。

「どこの?」

「あそこ。暗くなってたけど、空が明るくなって」サイカは玄関の後ろの方を指さして言った。

「あそう、とにかく入って」後ろからぽっちゃり顔の坂木シノが現れた。

「坂木さんもきのうの夕方、公園の側を通った?」春利は岸根公園の方を指さして言った。

シノは首を横に振った。春利はクーラーをいったん消したことを思い出して点けに急いだ。

昨日上空に現れた不思議な照明弾の様な物体については、新聞でもテレビでも取り上げなかった。
しかし、サイカも見たというからには、ほかにも見ていた人がいたに違いない。春利は背後の道で母親に告げていたサイカとは別の女の子のことを思いだした。中学受験をすると言って来ている塾生にどこまで話したらいいものか。かといって、無視したら、かえって屈折して良くないと春利は思う。

「学校では、そのこと話題になった?」春利は、あと二人が来るまで話を聞こうと思った。

「どういうこと?」

To Be Continued

Sponsored Links