2015/04/07

マリア現る

駅に近い24時間営業の店で食事をした春利は、地下鉄を利用しないで歩いて帰った。40分ほどで住まいの団地に着いた。翌日も小中学校は休みで、自宅を利用しての学習塾はあったが、午後からだったので焦らずにすんだ。
現実に引き戻されるような妙な気持だったが、どちらも現実であることを受け入れて行かなくてはならない。

あの方は、今どこにいるのだろう。風呂に浸りながら春利は天井を見上げていた。伊那谷のどこかに洞窟のような所があるのだろうか。あるいは、ほかの国のどこかへ行ったのだろうか。あの方は別かもしれないが、アメリカ市民として暮らしている彼らは、スペースクラーフトと地球とを行き来していると、ネットで読んだことがある。

風呂から上がると9時になるところだったが、電源を入れておいたパソコンが急に唸りだした。スカイプで連絡する相手と言えば、父とミナくらいだったが、春利が上海から戻ってからは、父は固定電話か携帯に連絡してきた。

ヘッドフォンを着けながら春利の脳裏に一瞬ひらめくものがあった。

「なぜだかわかりますか?」
少し遅れて、パソコン画面にミナの顔が映し出された。

「もしかして・・」

「もしかして・・言ってみて」

「数時間前に、とても意外な方が・・」

「思い当たったのですね」

「やっぱり、早乙女さんには」

「ええ、その、やっぱりです」

「いきなり見えたんですか?」

「ええ、数時間前、沢さんが広い芝生とベンチがあるところで、上空を見上げている様子が私の脳というか眼前に」

「僕が意思を通じていた上空の相手は誰でした?」

「日本ではマリア様と言われているお方」

「早乙女さん! ミナさんには、そこまで見えるんですね。そうだ、あの方は、早乙女さんのことを知っていましたよ」

「沢さんが意思を通じていたことが、私にも届きました」

「早乙女さんには、ほんとうに特殊なものがそなわっているんですね」

To Be Continued

Sponsored Links