2015/01/01

世界の向こう(武蔵野)

武蔵野八幡宮の入り口に向かって歩いていると、道の脇を掃いているお婆さんがいた。ミナは声を出して挨拶した。

お婆さんはにっこり笑って頭を下げた。神社内に人がいないことを願った。見られては困ると思った。エイリアンは上空から見ているから、タイミングを外すことはないだろうと思ったが、ほんとうはどうなるか分からないとも思った。人目を無視して行動するかもしれない。

グレイの鳥居をくぐると、両側に齢とった樹木が点々と立っている。人の姿は見当たらない。来るなら早くして、と思った時、上空でかすかに唸る音がした。

まぶしい光がはしり、次の瞬間、ミナの身体は上空に浮き上がった。数秒のことだった。

機内に入ると、前回と同じ宇宙服を着ているエイリアンの姿があった。

「今日は、一人だけですか?」

「そう」
続いて、後ろの席に掛けなさい、という意思が伝わって来た。

「あなたは、私がどこにいるのかいつも監視しているんですか?」

「いや、そう思った時にさがせばすぐ分かるのさ」

「あなたは、どこからこの地球へ来たんですか?」ミナは日頃から疑問に思っていることを口にした。

「地球人がどのような名を付けているか知らないが、この島の人間には、見えない。我われの方が視力がずっと良いが、この乗り物で移動しないと、我われがやって来た星は見えない」

「日本からは見えない星。じゃあ、南半球からなら望遠鏡で見える?」

「我われのように宇宙を飛んでいる者は、地球人のような北とか南とか上とか下という感覚はない。それに、我われの呼び名で言っても分からないだろう」

「ああ、そういうこと。日本列島からは見えないんですね」

To Be Continued

Sponsored Links