2014/09/29

世界の秘密

ミナからメールが入ったのは、土曜の夜だった。地図検索でミナの住んでいる住所と上賀茂神社と下賀茂神社、賀茂川、とチェックしてみた。彼らは地球の上空を瞬時に移動できるのだろう。

アメリカなどでよく言われるエイリアンのアブダクション。生殖能力がなくなった彼らが、人間の女性の身体を利用する。あるいは、人間の身体の遺伝子を調べたり人の身体にチップを埋め込んでその後追跡する。そんなことが日本でも起こった。

やめるように言ったエイリアンがいた。・・

春利は、公寓の上空からミナのことで意思を伝えてきたことがある存在について思い出した。あれは、ミナがメールでふれている、やめるように何かを伝えたエイリアンと関係があるのではないだろうか。

それにしても、ミナの生徒が何もされていなかったことを信じたい。催眠ができる専門家に診てもらえば、失われた記憶がよみがえるかもしれないが、本人はどうするだろうか。

春利は日本に戻りたいと思う。生きるためと割り切って来たつもりだったが、上海で働き続けることに意味を感じなくなった。来未が突然の地震で行方不明になってしまったことでどうしようもない喪失感が心の奥にあった。心のバネがどこかへ飛んでしまった。ミナとの展開がどうなっていくかは分からないが、父の住まいに近い所に住んで暮らしていきたいと思う。

「会社辞めよう」と春利は呟いた。国内勤務を望めば置いてもらえるかもしれない。しかし、年が明けて2月で31歳になる。春利は日本で出直したいと思う。

テレビを点け、日本のチャンネルを選んでコーヒーを淹れに立った。夜のニュースが始まっていた。地震関連の行方不明者のことが流れたが詳細を聞き逃してしまった。画面では福島原発の放射能汚染問題を報じている。出荷されていた茶葉から国の暫定規制値を超える放射性セシウムが検出されたという。福島県からだいぶ離れている関東圏でだが、栽培されたのはお茶所だ。風の流れで飛散したのだろう。目に見えないから怖いものを感じる。

パソコンの前に行き、コーヒーを口にしながら、福島県内の行方不明者のページをさがす。

To Be Continued

Sponsored Links