2014/08/02

UFO目撃

福島のいわき市久ノ浜から戻ったミナは、翌日から授業に出ていたが、数日して一人の女子生徒からメールが入った。理工学部の1年でミナの英語を取っている生徒だったが、ミナが書いているブログを読んでのことだという。 

「早乙女先生はUFOとかエイリアンとコンタクト取っているんですか? 私は小学校3年の夏休みに母の実家の熊本へ行き、金峰山の上空にUFOと思われるものがものすごい速さで飛んでいくのを見ました。金峰山という山は、日本にはいくつもあるようだけど、熊本のは標高665mで、頂上に金峰山神社があります」

ミナは、何かあった時にブログを書く程度だったが、ふり返ってみると一週間に一度程度更新していた。渋江カナが読んだのは、「夢か現実か」という小見出しで、体外離脱してUFOと乗っていたエイリアンを見たこと、それにテレポーテーションして出雲大社へ行った時のことを書いたものに違いないと思った。

ネットで調べてみると確かに金峰山はいくつもあったが、熊本のそれは、漱石の「草枕」に登場する峠の茶屋などがあるところだという文にふれ、そう言えば以前読んだ中にそんなところが出てきたかもしれないと思った。そして、頂上の金峰山神社の写真を見て、なぜか懐かしい気持ちになった。と同時に、出雲大社に諏訪大社、突然出現する鳥居。ミナの住まいに比較的近い上賀茂神社での出来事。あの空間で来未や春海に会ったこと。そして、沢春利との出会いが思い返される。

神社とかピラミットとか山とか、神とか天上につながる場所は、太古ではUFOの発着場所だったということを言っていた人がいたことを思い出した。その人の言っていることは、どこか地球人離れしているが、妙にミナの胸にストンと落ちてくる。

あの人は、金星から来たと言っていた。この地球には、太古のむかしから異星人が来ていた。信じられないようなことだけど、それが本当なのかもしれない。想像もつかないほどの広大な宇宙なんだもの、人間以外の知的生命体がいっぱいいてもおかしくはない。

ミナは、メールの返信ボタンを押した。

To Be Continued

Sponsored Links