2014/07/29

リアルの出会い

「私が生活力がないために春利にもつらい思いをさせることになった。小学校の6年のとき、親父が叔父の紹介で再婚してね。性格が良い悪いではなく、実母とはまったく違った性格の持ち主だったので、その義母とは打ち解けられなくてね。もう亡くなったけど、そうした環境で育ったことで、心が壊れ、ゆがめられてしまったんだね。今だから言えることだけど、小中高と、特にひどかった。それで、神を求めて神学部に入学することになったんだ。学費もとても安かったから」

「そうだったんだ。僕も、その年齢だったら、新しい母とやっていくことには自信がないな」

「恵まれた平坦な土地で、本格的な農業だったらどうか分からないけれど、山のような所で、中途半端な田畑や養蚕では、戦後のあの時期、生活が成り立たなかったと思う。士農工商と言われた時代ならまだしも。父は農業の合間に日雇いのようなことをしていたんだね。12歳はなれていた一番上の兄は、詳しくは分からないけど、中学を出て他県に働きに出され、原因不明の病気で亡くなったんだ」

「父さんも、いろいろあったんだ」

「人の一生って分からないからね。私は何もしてやれなかったけど、春利が国立の大学を出て会社に就職できたことは、ほんとうにありがたいことだ。母さんが気丈な人だったからね」

春利は急に熱いものが込み上げてきて手で目を拭った。ブザーが鳴り、父が財布を手に玄関へたっていった。配達員とのやり取りが聞こえる。

「届いたから、今お茶をいれるから」

「父さん、僕がやろうか」

「いや、ちょっと待ってて」

薬缶に水を入れ換気扇をまわす父の背中がすぐ側にある。ガステーブルで点火する音がする。背中を向けたままの父がそっと涙を拭っている。

To Be Continued

Sponsored Links