2014/05/28

ミナの来訪

長寧路に沿った所にある入口がミナとの待ち合わせ場所だった。日曜日は近隣から多くの人が集まるので春利は出来れば避けたかった。夏だと朝の5時頃から人が歩いている。それでも、緑の多い広い公園なので木陰で話すくらいは出来るだろうと春利は思う。

公園前の広場ではカセットテープで音楽を流しながら太極拳の練習をしている。朱色で「中山公园」の案内を記した石板が見える。春利の前にも後ろにも人が歩いている。

入口と言っても人通りを避けるからどの辺が良いだろう。と思って春利が歩みを止めた時、前方で手を振る女性がいた。白が似合う女性は間違いなくミナだった。

「以前はイギリス人の私宅庭園だったみたいで、ジェスフィールドパークと呼ばれていたようだけど、朝からすごい人出ですね」ミナは笑みを浮かべて言った。

「ええ、日曜日はこうなんですね。この先のちょっとした桜の林で、日本の震災後に不思議な体験をしたので」

「それって、来未さんのことで?」

「ええ。よく分かりましたね」

「沢さんが、上海中山公園で話しましょうと言った時に、わたし、来未さんとのことで何かあった所では、と思ったのです」

二人はゆっくりと右手奥に進み、 「櫻花亭」という立て看板を見ながら英語で話す来園者につづく。

「あの日の朝早く、この公園の桜の木の所で一瞬鳥居のようなものが浮かび・・」

「鳥居のようなもの?」

「ええ。その直後に桜の木の上空に、来未と友達と思われる女性が現れたんです」

「沢さんに、何か話しかけたんですか?」

「名前を呼んだら、頷いたようだった。後から、それは現実を報せることだと思うようになりました。そして数か月後に、早乙女さん、あなたからのメッセージ」

春利が前方を指さした。二人の前は葉桜の林で、中に人影はなかった。

「私は何と言ったのですか?」

「沢さん。私は、サオトメ ミナ、と言います。来未さんから、あなたのことを聞きました。あなたに会えないまま、地震の後の津波で向こうの世界へ行ってしまったため、私にその思いを伝えてきたのです。一度あなたに会ってお話ししたいと思っています・・」

林の向こうから風に乗り、若い男女の歓声や話し声がきれぎれに聞こえる。緑の屋根付きの円形ボートがぶつかり合っているに違いない。

To Be Continued

Sponsored Links