2014/05/21

ミナの来訪

「フロントは25階だそうです」ふり返ったミナが言った。

「25階・・」
春利は一度だけこのホテルに支店長に同行して商談で来たことを思い出した。その時は25階のカフェだった。

「どうしますか? ここは60階建てで、57階だから見晴らしが良いかもしれないから言ってみませんか」

「良いんですか? 荷物を置いてきたらどこかお店へと思っていたんですが」

春利は笑みを浮かべたミナとエレベータへ向かった。

「僕はこのホテルには泊まったことはないのですが、地下鉄2、3、4号線の中山公園駅に直結していて便利だということで、日本の利用客も多いようですね」

「わたしは、沢さんの住まいに近いところと思って選んだだけだけど」

二人は25Fでいったん降りてフロントへ行った。ミナの流暢な英語に相手の若い女性も英語で応え、キーを手にする。

57階だと、お部屋からは上海の街が見えますし、ちょうど中山公園の上にあたるから満足していただけるのでは。

ミナの問いかけに、ホテルの女性の英語はそう言っているように春利には聞こえる。

To Be Continued

Sponsored Links