2014/04/26

メッセージ

送っておいた「承認申請」に父は「承認」ボタンを押しているから、向こうから先にかけたに違いない、と呼び出しながら春利は気づく。

しばらくコールしたが出ないのは、パソコンを点けたままほかのことをしているのかな、と思っていると、つながったサインに変わった。

「もしもし・・春利です」

「ああ、春利。ヘッドフォンをつけるのに時間がかかってね」

父の顔が春利のパソコンに大きく映しだされた。春利の顔も映っているのが確認できる。

「設定に手間取ったかい?」

「そうでもなかった。探す気になれば上海でも日本のものが売られているし」

「あそう。それは便利だね。それで、仕事の方は順調にいっているの?」

「まあ。去年の2月から名古屋から上海にやって来たけど。それで、父さんの方は、地震の影響はなかったの?」

「ああ。あれからアパートにもいたけど、その後、川崎のこの公団の分譲に来てずっとここにいるから。60で勤めは辞めて、今はわずかの年金と、ネット上で少しだけ稼いで、それで何とかやっているよ。だから、地震の影響はほとんど受けずにすんだよ。春利の方は?」

「僕も、地震の時は上海だったから」

「それじゃあ、お互いに無事でよかったね」

春利は来未のことにはふれなかった。桑田も、春利が幼いときに連れて行ったスタジアムから帰ったことは言わなかった。二人は、またメールやスカイプで連絡を取り合おうと言ってスカイプを切った。

春利には、父と別れた5歳までの記憶はとても曖昧だったが、それから25年たったわけだが、大きな違和感もなく父と連絡が取れ、互いに顔を観ながら話すようになったたことが不思議でもあった。明日からまた仕事が始まる。

To Be Continued

Sponsored Links