2014/03/30

武蔵野桜まつり

翌朝家を出たミナは、地下鉄北大路駅まで歩き、そこで待機していた市バスに乗った。急いで歩いてきたこともあり、レギンスに長袖では汗ばむほどだった。講師をしている大学も上賀茂神社も少し時間をかければ歩いて行かれない距離ではない。

「上賀茂神社」は、京都で一番古い神社で世界文化遺産に登録されていることも知っていた。公園で伝えてきたのは誰かは分からないけれど、私が住んでいるマンションのことも当然知っているに違いない。

「上賀茂御薗橋」で降りたミナは、10分ほど歩いて上賀茂神社に着いた。7時前の始発バスの乗客は6人だったが、神社へ行く人はミナだけだった。平日でも朝早くから訪れる人も多いかもしれないと思ったが、空いているかもしれない。

ミナは朱色の一の鳥居の前まで行った。右側に式年遷宮を報せる案内板がある。

ミナは鳥居をくぐった。前方の斎王桜はほぼ満開で垂れ下がって咲いている。空は晴れ渡っている。

道はまっすぐ伸びていて、行き着いた辺りに朱色の二の鳥居が常緑樹の森の前に小さく見える。側で咲いているのは、みあれ桜だろうか。人が歩いているのが分かる。

「一と二の間の道をゆっくり歩きなさい。光の窓が現れたら、そこへ這入りなさい」ミナは昨日公園で頭に直接話しかけてきた言葉を反芻した。

誰か来ているだろうかと振り返ったが誰もいなかった。土解祭(とげさい)は、午前10時からだと昨夜ネットで観た。

とにかくゆっくり歩いて行こう。側で見ている人にはどんなふうに見えるのか、ミナもそうした状況に出合ったことはなかったが、見られるものなら見てみたいという好奇心はあった。現在読んでいる異星人との交流を書いた本でも、次元や空間の移動についての具体的なことは書かれていなかった。リトル・グレイとかトール・ホワイトと呼ばれているエイリアンたちは、どのようにして別の空間へ移動するのか。

ミナは、心臓の鼓動を感じながら歩を進めていった。

To Be Continued

Sponsored Links