2014/02/01

シャンハイの秋

春利は、生まれ育った横浜や仕事でいた名古屋でも梅雨どきを体験したが、上海へ行っても6月中旬から7月上旬は梅雨の季節で長雨が続いた。8月終わりくらいから9月中頃までは台風が多く、突然の暴風雨に襲われることがあった。

春利は10月半ば過ぎの日曜日に久しぶりに上海中山公園へ行った。

張 虹(チャン ホン)から受ける職場での中国語の個人レッスンは半年で終わったが、ビジネス現場で話す中国語も充分とは言えないまでもそれなりに通用するレベルに達していた。職場の中国人とも積極的に話すよう努めたから、現地の会社訪問で中国人と話すことも恐くはなくなった。

日本での会社勤務も生きるための仕事としてやるしかなかったが、気持ちが通じる職場仲間もいたから、励みもあった。上海へ転勤し、日本語だけで話す相手は支店長だけになった。日本語が流暢に話せる張 虹(チャン ホン)が職場にいることで、こういう時は中国語でどう言えば良いかが直接訊けた。有難い存在だった。

日本の夏が終わった頃も上海では暑い日が続いたが、住まいからすぐの所にある上海中山公園へは入らなかった。毎日そばを歩いて通勤していたのだが。

辺りには金木犀の香りが漂っていた。日本のように澄み渡った空ではないが、上空には雲もなかった。
春利は、来未のことを思っていた。あれは数か月前の土曜日だった。葉桜の林で、白い光に包まれた女性が現れた。レギンスに上はグリーン系の長袖カラーシャツ姿だった。夢なんかじゃない。間違いなく、来未ともう一人の女性が現れた。

ああ僕は・・。来未は津波にのまれた。そう、あの地震で。一緒にいた女性は、来未の友達にちがいない。彼女も地震の津波にのまれてしまったのだろうか。僕は、こうした生き方しかできなかった。来未が上海に来ていれば、地震に遭うこともなかったのに。

ふと気づくと、春利は桜林の前にいた。足元には朽ちた葉が積り、木の枝には枯葉があちこちにぶら下がっていた。

To Be Continued


Sponsored Links