2014/01/10

明晰夢

ミナは、生れは東京だったが、関西の私立大学で語学の非常勤講師をしていた。ミッション系の大学で、教えていたのは英語とラテン語だった。ラテン語は、週一回だけであとは英語だった。

住まいのマンションから大学までは二駅で、ローンで購入した中古マンションで暮らしていた。大学は夏休みに入っていたので、授業時間から解放され、好きな本を読んでいた。もっとも、2週間ほどは前期試験の採点にかかりきりだったが。

そうしたミナが始めたのは、体外離脱だった。夏休み中に出来るかどうかは別にして、自らの奥にある世界を覗いてみたいと思ったのがきっかけだった。それというのは、よく夢をみる習慣があったからだった。

夢の中で、これは夢なんだからと思いながら見る夢がときどきあり、不思議というか、奇妙だったりすることから、目覚めてから、どういうことなのか、としばらく考え込むこともあった。

そうした折、5歳の頃に見た不思議な光のことを思い出していた。

あれは、夢ではなかった。高知の母の郷里に行った時、たぶん夏の夕方だった。西空のそう遠くない所を球形の光る物体が高速で移動して行き、ふっと見えなくなり、次に、前よりずっと下の空に現れ、2、3秒後に完全に見えなくなった。山の向こうへ行ったのか、雲に隠れたのかは分からなかったが、何かくるくると回っているようにも思えた。

ふだんはまったく忘れていたが、ときどき妙な夢をみると、その光る物体のことを遠くの方で思い出した。

何か、関係があるのだろうか、と思っていた時、ミナはネット上でアストラル界という言葉に出合った。

To Be Continued

Sponsored Links