2013/10/02

石和温泉にて

久の運転する軽自動車で窓を開けて走り、しばらくすると、武家屋敷のようながっしりした門が目に入った。

車を降りた桑田は、ハンカチで額の汗をぬぐいながら久の後から歩いて行った。

八田御朱印公園という文字が書かれている。

武田信玄に仕えた武士の屋敷跡だと久が言う。石垣と小さな壕があり、公園には石が並べられている。数人の男女が何か話しながら歩いていたが、その時間はほかに人影はなかった。

車に戻ると、久が自動販売機で買ってきた缶ジュースを渡してくれた。会えてよかったと桑田は思った。

車が駅へ向かって走り出し、桑田は助手席でそれを口に運んだ。社事大に行きたかったと寮内の部屋で久が言ったことを思い出した。
復学した桑田が、授業に出て来なくなった久の部屋のドアが開いている日に中を覗いたことがあった。室内は油絵具の鼻を突く臭いで充満していた。人の気配がなかったので中を覗くと、ベッドの上には掛布団や脱ぎ捨てたシャツなどがくしゃくしゃになっていて、壁にはモジリアニの描いたような首の長い女性の絵が掛かっていた。バイトした金で画材を買っているのだろうと桑田は思った。今でも絵を描いている、と先ほどの店で久がポツリと言った。

桑田が川崎の団地に戻った時、8時を回っていた。シャワーを浴びてきてしばらくすると、ドットフォンが鳴った。

「ハロー・・」フロリダのサト子からだった。

「そちらは?」

「朝の7時過ぎよ。今日は休みだもん」
そう言えばこちらは7月最初の土曜の夜で、サト子の方は同じ日の朝だった。桑田は、電話代が大変だから、スカイプで掛け直すと言った。

ヘッドフォンをして、パソコンのスカイプで5回コールした時、サト子の声が返ってきた。

今度は、ロバートと相談して猫を飼うことになったという。ラグドールだと。そう言えば、以前飼っていた犬は亡くなったと言ったことを思い出した。


To Be Continued

Sponsored Links