2013/09/29

石和温泉にて

「あんたはどう思っていたかしれねえが、おれ、あの頃は若かったから、あんたがいなくなってショックだったぜ」
レジの方から戻ってきた久が言った。

「僕は、心を病んでいて、そうした余裕がなかったんだ。前にも話したことあったけど、母親が、僕が5歳のとき駄菓子屋の玄関先で、目の前で脳溢血で倒れたんだ。そのまま寝たきりの植物状態になって、8歳のときに亡くなってね。それから1年ほどして、兄嫁が来てね。親父は、母親代わりのようにと思って長男の嫁を見合いで決めたけど、ちょっといじめのような経験をしてね。1年くらいで出て行って、今度は、6年のとき、継母となる人が来てね。それから、ひどく心を病むようになったんだ。高校に入って、2年のとき入院して、退院後に教会へいくようになってあの神学大学に入ったんだけどね・・」

「ほうかえ、心を病んでいて・・」久は斜め下に視線を落として頷くように言った。

桑田は、寮での祈祷会でそのことを証しとして皆の前で話し、久もその場に居合わせていた。

「久君も、僕が復学してから授業に出てこなくなったからね」

久は桑田から視線を逸らせたまま黙っていた。その後、一般大学並に学園紛争が起こったが、久は桑田が4年を卒業する半年くらい前までは寮にいたようだったが、次に久と会ったときは、卒業式が終わった後で、久が寮を出た後借りていたアパートの一室だった。

桑田はふと表に目をやった。2時前だったが、辺りが暗くなっていた。雷雨が来るかもしれない。震災があったその年、早い梅雨入りだったが、7月になったばかりでまだ梅雨明けはしていなかった。節電とはいっても、店内は電気がついているし、クーラーが効いていたから蒸し暑くはなかった。

表に目をやっていた久が桑田に目配せして立ち上がった。

「それじゃあ、ちょっと辺りを案内するで」

雨が降る前に、と言いたかったのだろう。桑田は財布を出して久の後に従った。

「払いはもうしてあるから」久は振り返って言った。トイレに立ったと思ったが、精算しに行ったのか。桑田は千円札を久に渡そうとした。

「いいよ、ここまで来てくれたんだから」久は受け取ろうとしなかった。久は先に外へ出て車の方へ向かった。

桑田はトイレをすませ、ドアを押して表に出た。

蒸し暑い空気がどっと襲ってきた。


To Be Continued

Sponsored Links