2013/07/25

福島からの手紙

沢春利様

初めてお便りします。私は、石橋来未の姉・石橋梨花です。

大地震に見舞われてから一ヶ月たちましたが、両親(父・俊作、母・ふみ子)、そして妹・来未が、いわき市久ノ浜の家とともに地震後の津波に飲み込まれ、現在も行方不明の状態が続いています。

と申しますのは、あの日あの時間に、妹・来未が運悪く久ノ浜に帰ってきたことを、会社の友達である吉田沙希さんから聞いた結果分かったことなのですが。

来未の会社の上司の方や会社の友達の吉田沙希さんから、安否確認の電話が入り、連絡しなければと思いつつ、今回ようやく来未の会社に連絡し、吉田沙希さんから沢さんのことをお聞きして、こうして連絡させてもらうことになりました。

妹・来未からは、沢さんとお付き合いしているということは、帰省した折に聞いてはいましたが、詳細は知りませんでした。今回、来未の友達の吉田沙希さんと連絡を取る中で、沢さんが上海にいらっしゃることを知ったのです。

両親が、転居する前の会津若松に住んでいれば、今回このようなことにはならなかったと、悔やまれてなりません。

幸か不幸か、私だけは伯父が始めた工務店の事務員としてあの地震の時郡山にいたため、こうして沢さんにもお手紙を書くことが出来たのです。伯父夫婦が病気で亡くなったため、私たちの両親は会津若松の家を売却して父の生家に転居することになったので。

伯父が病気で亡くなった後も工務店は、役員によって受け継がれ、私は会社から徒歩10分くらいのところにあるアパートから通っていました。

現在、久ノ浜の家があった辺りは、一部の建物の残骸があるのみばかりでなく、比較的被害の少なかった周辺住民も放射能汚染のため残った家から自主避難しているような状況です。

両親や妹が、どこでどうしているのか、遺体も見つからない現在、広大な海を相手に途方に暮れるばかりです。
私は、これからどうしたら良いのか。生活もありますので、会社にも行き始めたのですが、定まりのない不安と戸惑いの日々を送っています。

以上のようなまとまりのない手紙になってしまいましたが、とにかく、現状をお知らせしようとお手紙をさせていただいた次第です。

・・・

To Be Continued

Sponsored Links