2017/05/16

縄文人のDNA ー古史古伝ー

nasuka.jpg

「なんだか世界が大きく変わりつつあるというか、僕には不思議を通り過ぎているような感じだけど」

「そうかもしれないわ。私にとっても、これまで考えもしなかった宇宙の存在と出合うようになり、架け橋といってもテーマが大きすぎるというか」

「そのことと日本の神社とは何か関係があると・・。またの機会ではなく、ちょっと聞いておきたいな」

「この国では、とても大切なことが隠されているのかもしれないと思うわ」

「それは、もしかして、神様に関係があること?」

「ええ。この国では、例えば古事記にしても、神話として、書かれていることのすべてが、現実にはなかった世界のように思われているというか、そのように扱ってきたけれど・・」

「実際は、現実が隠されている・・」

「ええ。古代から戦前までは日本では神武天皇は実在とされてきたけれど、敗戦により神武天皇の存在が否定され、皇紀が廃止され神道指令により神社の弱体化が行われたわ。戦前・ 戦中の神道や軍事関係の書物がGHQによって没収され発刊禁止処分となったし、教科書から神武天皇の名前が半ば強制的に排除されたのね」

「日本書紀の、神武天皇即位の年を元年とする起源については話に聞いたくらいで疑問も持たなかったけど」

「そうでしょう。古事記のことだって神話、つまり、私たちにはあまり関係のない作り話としかとらえてこなかった。ましてやその前の時代のことは・・」

「確かに。神武天皇が実在したかしないかは置いておいても、当時呼び名は違っても、この日本という国に人が住んでいたのなら、当然その前の人間の歴史があったと考えるのが普通だよね」

「私が神社を訪ねているのはそのことに関係があるわ」

「武烈天皇という人も、キーマンの一人だと」

「ええ。古史古伝。消されてしまったこの国の歴史に」

「消されてしまった古史古伝に、天皇や神道が関わりがあったと・・」

「ええ」

To Be Continued

Sponsored Links
2017/05/04

縄文人のDNA ー古史古伝ー

sanjinja.jpg

「話しておきたかったことは、カナさんのこと」

春利が日曜の補講を終えた時間を見計らい、ミナからスマホに連絡が入った。
2時間以上前にメールで、ラインでの通話を望んできたので、春利は都合の良い時間を指定した。

「で、ミナさんは今どこから?」

「さくらださんじんじゃ、という所から帰るところよ」

「神社?」

「ええ。宮城県栗原市栗駒桜田、というところ」

「初めて聞いたけど、もしかして神社巡りを始めたの?」

「ええ。武烈天皇について調べたいと思って」

「それについてはまたの機会に。で、カナさんのこと、というのは?」

「ええ。カナさん、今どこにいると思う?」

「フィンランドに留学中のカナさんが、またどこかへ行ったの?」

「10月中旬の秋休みを利用して、地球外の惑星へ行っているのよ」

「えっ? 一人で・・」

「父上の渋江真佐雄博士とよ」

「ということは、金星か火星」

「火星よ」

「科学者の父上と一緒に、火星のどこへ?」

「火星にある人が住む地下都市」

「地下都市。具体的なことはまったく分からないけれど、どういう方法で?」

「渋江博士が利用しているスペースクラフトで」

「ミナさんには、そのマシンが見えているんだ」

「ええ」

To Be Continued

Sponsored Links