2014/06/30

久ノ浜にて

9月の最終土曜日、 春利は、成田行きの飛行機の中にいた。ミナとの約束を果たすためでもあったが、春利自身のためでもあった。上海に春利を訪ねてきたミナが、別れ際、震災から一年半近くたったから、今度二人で福島の久ノ浜へ行ってみましょう、と言ったことが春利の頭に残っていた。2人の仕事の都合からすぐには行かれないが出来るだけ早く実現したかった。

日本の祝日にあたる中国の祝日。その年、中秋節は9月30日で国慶節は10月1日ということから、9月30日~10月7日までの8日間、現地に合わせて春利の上海支店も休日になった。遅い夏休みだな、と支店長が言った。

メールのやり取りで、ミナは29日の授業を終えてから新幹線特急のぞみで東京駅に行き、上野に出てJR特急スーパーひたちでいわきに向かうことになった。翌日が日曜なのでいわき駅周辺で一泊し、あくる日の午前中に久ノ浜駅で待合せ、ということになった。

成田空港に着いた春利は上野に向かった。今回は叔母・とし子の家には泊まらずに上野のホテルで一泊することにした。

翌朝ホテルで朝食をすませた春利は、上野を8時発のJR特急スーパーひたちに乗り、10時22分にいわき駅に着いた。ひょっとしたらミナと同じ電車に乗り合わせるかもしれない、と思いつつ10時51分発の常磐線列車の到着を待った。たびたび周囲を見回したがミナの姿はなかった。

現在は復旧しているが、2011年3月11日、東日本大震災の年は5月13日まで四ツ倉から久­ノ浜駅まで運休していたと、春利は昨夜ホテルのネットで検索して知った。福島原発からおよそ30キロのその辺り、放射能の影響はどうなんだろう。

アナウンスが流れ、ホームに列車が滑り込んできた。いわき駅で常磐線に乗るのは生まれて初めてだったが、来未がいくどとなく乗ったであろう電車。そして、ミナもその線で久ノ浜に向かうことを思った。

いわき駅を出た列車は、草野、四ツ倉と停車して久ノ浜駅に向かって走り出した。トンネルを二つ抜けた。海が見える。列車の振動音が春利に伝わっている。

To Be Continued

Sponsored Links
2014/06/25

上空

「父さん、直接UFOを見てはいないけど、上空から誰かが思いを伝達してきたという経験があるよ。テレパシーって言った方が良いのかな」

日曜日の午前中、立ち上げたままにしておいた春利のパソコンが突然うなりだした。日本にいる父・荘太からのスカイプだった。簡単な朝食を済ませてまもなくだった。

桑田荘太が、スタジアムの上空でそれらしき物体を見たというのだ。春利は上海へ転勤になる前、名古屋にいるときに新横浜の日産スタジアムの周りを歩いたことを思い出した。

「テレパシーが送られてきた?」

「うん、いま話しているこの部屋の外の上空ではないかと思うけど、見上げても何もなかったから、たぶん、防御シェルターみたいなもので物体をカバーしていて、人の目には見えないようにしているんだと思うけど」

「そういうのって、ネットでアダムスキーかな、ビデオで観たことがあるな」

「父さんもそういうの興味あるんだ」

「ある。月の裏側の、スペースシップ内にいた日本人みたいな女性エイリアンとか」

春利は25年も話していなかった父と違和感なく話している。桑田も春利が5歳のときに別れ、ずっと心の奥で探していた春利と会話が弾んでいる。

父・桑田荘太とスカイプで話し終えると、春利は上海に来たミナのことを思い出した。

一週間前、上海カルフール中山公園店の裏にある日本料理店で夕食をすませ、ミナの宿泊しているホテルに送り届けた。別れ際、震災から一年半近くたったから、今度二人で福島の久ノ浜へ行ってみましょう、とミナが言い、春利が頷いた。

To Be Continued

Sponsored Links
2014/06/21

希望

桑田はスタジアムへつづく西ゲート橋を欄干沿いに歩き出した。鶴見川の遊水地を公園として利用している眼下の広大な公園に降りていこうと思った。ちょうど陽が沈むところだったが、辺りは暑くまだ充分明るかった。

階段を下りながら桑田は以前来た時にスタジアムの上空に光る物体が現れたことを思い出した。もう少し暗くなれば、見えやすくなる。あのときはスタジアムでコンサートが遅くまで行われていて、歌声と楽器演奏の後の歓声がすごかったことを思い出した。西空を北の方へと旅客機が移動していくのが見える。

両側に芝生がある中央広場を歩いて行くと、前方の高架橋下から激しくコンクリートにぶつかるスケーボーの音が響いてくる。平日でも学校が終わればすぐに駆けつけるのだろう。いつもにぎわっている。

広場の突き当りに清潔なレストハウス様のトイレの建物がある。店が空いているうちにと途中ですき家で早目の夕食をすませてきたが、入口にアイスクリームの自動販売機があることを桑田は思い出した。血糖値が気になりここ数年は甘いものを極力避けてきたが、急に食べたくなった。

入口には水道の蛇口が並んでいて中のトイレにも手洗い場がある。入るのをためらう公園のトイレとは違い清潔感が漂っている。

販売機の前に立った。いろいろなアイスクリームの画像が並んでいたが、以前一度食べたことがあったがチーズ味で甘さが薄い物を選んだ。小さな円錐形のコーンカップを防水紙でカバーしてあった。食べた後口をゆすぎ、日が限ったからウォーキングをしよう。糖分の消費が頭にあった。

草地広場のベンチに腰掛ける。目の前の広い芝生が心地よい。アイスクリームの塊が口内で溶けていく。空を見上げる。

ヘリコプターが移動している。現在の住まいに近い麻生川の川沿いの桜並木。そこで一人の女性に出会ったことが浮かんできた。3.11の大地震があったが桜は咲いた。花びらがいつもより少し色あせて感じた。数メートル先の桜の木の下に30前と思われる女性が立っていた。夕方だった。大きな桜の木の下で、花を眺めるというよりは物思いにでもふけっているような様子だった。 近づいた桑田が彼女に目をやると、少し頭を下げ何か言いたげにも見えたが、初めて出会う見知らぬ女性に声をかけるのは憚られた。あれは誰だったのだろう。

幻覚なんかではない。あの女性はレギンスに上は濃いグリーン系の長袖カラーシャツ姿だった。

To Be Continued

Sponsored Links
2014/06/16

希望

桑田荘太の生活は生活保護を受けるまでには至っていなかったが、楽ではなかった。ただ、桑田の心の奥には心を支える存在があった。長い苦しみの後に出会った存在だったが、その言葉は彼の心をとらえ癒した。小学校低学年で実母の死を経験しなければキリストを知らないままだったに違いないと桑田は思う。

その信仰とは別に、ここへ来て彼に希望を与えてくれる存在が現れた。それは妻・さなえとの離婚によって別れることになった一人息子の春利だった。春利が5歳になって半年たたないうちに、桑田は3人で同居していた横浜の公団住宅を出て行かざるを得なくなった。

桑田は妻も息子も愛していたが、家族を養うだけの仕事に恵まれなかった。別れる前、あんたなんか紐じゃない、と、さなえにののしられた。子供の頃からどちらかというと病弱でもあったが、欲がないというか、根性がないと言われても仕様がなかった。

桑田はスタジアムへつづく西ゲート橋の中ほどの欄干に手をかけ、眼下のサッカー場へ目を向けていた。そこで行われている子供たちの試合を追っているわけでもなかった。8月の下旬で、午後6時を回っていたが、陽射しが暑く眩しかった。

今となっては、この場所が春利との唯一の思い出のエリアだった。インターネットをしていたことでフェイスブックを知り、25年も連絡を取れなかった息子と連絡が取れるようになった。メールで互いの写真も添付して送り合ったが、上海にいる春利とスカイプで互いの顔を見ながら話せるようになった。別れた妻・さなえには先立たれたが、今となっては息子・春利が桑田の希望だった。

サッカー場の向こうは草で被われた広い土手になっていて、つづく畑の向こうを横浜線の8両編成が横切っていく。

To Be Continued

Sponsored Links
2014/06/11

ミナの来訪

ベンチから立ち上がり、二人は樹木の多い園内の道を話しながら歩いて回った。上空は雲か空気汚染か分からないものに被われ直射日光はさえぎられていた。

「少し早いけれど、園内にレストランがあるから行ってみませんか。庭園式の中華レストランだけど、今日は人出が多いから、ちょうど位の時間だと座る席がないかもしれないですから」

「ええ、良いですよ。私もそろそろお腹が空いてきましたから」
二人は入口に近い方へと戻ったが、園内を歩く人が急に増えていた。バンド演奏に合わせて男女の歌声が聞こえる。

「良かった。開いている席はけっこうありますね」先に様子を見に入った春利がふり返って言った。

「ずいぶん広いレストランですね」

春利は頷き、先に立って良さそうな席に向かった。

「わたし、実は、まだ話してないことがあるんです」注文を終え店員が立ち去った頃を見計らってミナが春利の目を見て言った。

「どんなことですか?」

「もしかして、沢さん驚くかもしれないけれど。沢さんについて、間に入って知らせてくれた・・」

「それは、姿が見えない何か、とか」

「どうして? もしかして・・」

「たぶん、それは同じ存在かもしれません」

二人は黙ったまま互いの目を見つめた。

To Be Continued

Sponsored Links
2014/06/04

ミナの来訪

葉桜の林の側で立ったまま話していたが、春利はミナが蚊に刺されはしないかと、開いているベンチを探そうとミナを促した。

整備された歩道を行くと日本式庭園に似た佇まいが前方に見える。どこからか中国楽器の音色が生暖かい風に乗って聞こえる。しばらくすると、高齢者がベンチから立ち上がるのが見えた。

「先ほどの私から届いたというお話。あれは、私が意識を集中して送った内容です」

「えっ、そうだったんですか。不思議なのは、どうして早乙女さんが、来未や僕のことが分かったのか・・」春利は中国語で話しながら二人が掛けているベンチの側を通り過ぎてゆく若い男女をちらと見て言った。

「そうですね。私はそれより前から体外離脱の練習をしていたんですが、ある日、住まいから歩いて行かれる公園で、光に包まれた鳥居のようなものが見えて、ベンチから立ち上がってそこへ引き込まれるように歩み寄ったんです」

「光に包まれた鳥居のようなもの?」

「ええ、沢さんの先ほどの話にもありましたね。それで、次の瞬間には、別の世界に移動したみたいで、そこで、来未さんと春海さんに出会ったのですね」

「別の世界で、来未と友達に会った」

「ええ、驚くかもしれないけれど、、諏訪湖近くにある諏訪大社の上空というか・・」

「京都から、諏訪大社の上空というか別の空間へ行き、そこで来未と友達にあったというのですね」

「ええ、沢さんのことは、その次の時に聞いたんです」

To Be Continued

Sponsored Links