2017/02/26

ミナの行方

「現在こうして暮らしている僕らは、学校でも家でも、そうしたことを聞いたことがなかった」

「そうね。だから、ETと人間の橋渡しをしてと言われても、人間の側があまりにも知らないし、一つの種に限っても」

「プアビさんたちのような一つの種に限っても、一般人にどう説明したらいいかも分からないですよね」

「ええ。プアビさんは、自分たちの種を中心に考えていると思うけど」

「あの、マリア様の種も近いところにはあると思うけど、実際はどうなのか、僕にはさっぱり分からない」

「この日本列島に最初に降り立ったのは誰かもまだはっきりしないわね」

「ミナさんに分からないのでは、僕にはそれ以上分からない」

「でも、意外とそうでもなかったりして」

「それはどういうこと?」

「私には、確かにリモートビューイングがあるかもしれないけど、ある領域から向こうはまったく見えなかったりするから」

「ある領域って?」

「別な空間とか、時間の感受というか・・」

「それらのある部分で、とつぜん見えなくなるというか、判断が出来なくなる、ということですか?」

「ええ。その面、沢さんの方が見えているかもしれないって思うことがあるわ」

「でも、僕には見えないことだらけですよ。ただ、日本列島には、土偶とか土器とか、当時の人が想像でつくったにしてはおかしい。見たものをそれに近い形で再現したと考える方が納得できるものが発掘されている。たとえば、エジプト・ギザ高原で見つかったアヌ王のマスクとか言われるものより精緻ともいえるものや縄文の女神とか仮面の女神と言われる土偶が八ヶ岳山麓周辺で発掘されていることを考えると、少なくとも縄文時代には居たと考えるのが自然だと思われる」

To Be Continued

Sponsored Links
2017/02/17

ミナの行方

aisatu.jpg

「彼らの乗り物に乗っているときの時間の経過について、私には科学的な解説は出来ないけれど、賀茂川の岸辺に降ろされ、家に帰りついた時、家の時計は8月20日朝の5時前だったわ」

春利がミナから連絡を受け、新横浜駅で待合せたのは9月の最初の日曜日だった。二人は新横浜公園まで歩き、そこでゆっくり話そうということになった。

「8月12日の夕方に賀茂川の岸辺に行き、そこで彼らの乗り物に乗り、途中でプアビさんがいる巨大なマザーシップに乗り換えて、名前は分からない惑星Xへ行ったというのですね」

「ええ。惑星Xに降りる前に、プアビさんの指示に従って、宇宙服を身に付けたわ。彼らはあの星では宇宙服を着ないで生活できるのね」

「どこで、どこで生活しているんです?」春利は自らの声が大きかったのかもしれないと、2人が並んでかけているベンチの周辺に目をやった。日曜日の午後2時近いその時間、背後の舗装された周回路を半袖にショートパンツ姿の若者が5、6人額に汗を浮かべて駆けて行った。

「地球上と同じように、地上にも地下にも住んでいるみたい。私が案内されたのは、地球で言うと近代的な寺院のような地上の建造物で、地球のどこかにいるような、不思議な気持ちになったわ」

「ミナさんは宇宙服を着て、プアビさんや彼らはどんな姿で?」

「地球でいう、パワースーツみたいな感じだったわ」

「プアビさんも?」

「ええ。プアビさんは長身で眼が大きく、頭は何か被り物で被われていたわ。受信装置みたいなものが入っているのか分からないけど」

「じゃあ、その星の皆は、姿かたちは人間に近い・・」

「そうね。ただ、人よりはずっと進んでいるテクノロジーというか知性というか、だいぶ差があるってことは分かるわね」

「それは、ある意味こわいですね」

「ええ。人間は、想像もつかないくらい遠い昔に、彼らの訪問を受け、彼らから多くのことを学んでいた。複数の種が地球を訪問していたけれど、いつのまにかそのことが忘れられてきた。そして、作り話の世界のようになっていった」

「でも、それはすべて本当のこと」

「ええ。プアビさんは、そのことは地球の壁画や絵画やレリーフやテラコッタの中に今でもしっかりと残されている、と」

「そういうことなんですね。僕らは、その事実を忘れ、信じようともしなくなっている」

「ただ、きれいごとでない現実があった。おそろしい殺戮も繰り返されたとプアビさんは教えてくれた」

「神と言われたET同士、あるいはETと人間の間で、ということ?」

「ええ、双方で」

To Be Continued

Sponsored Links
2017/02/06

ミナの行方

s.jpg

地球時間でどれくらいたっただろうとミナが腕時計に目を走らせると、午後6時過ぎで止まっていた。

と、隣りの操縦席に座っている者からメッセージが伝わって来た。

「まもなくアナタはマザーシップに移動する。そのままの状態で座っていれば、席の方が移動するからアナタは何もすることはない」

「マザーシップはもう側に来ているんですか?」

「アナタたち、地球人の言い方をすれば、この乗り物のすぐ上に来ている。たぶんアナタは以前に乗ったことがあるだろう」

「あのプアビさんが乗っていた巨大な乗り物ですか?」

「そうだ。今回もプアビの指示で我われは来ている」

「それでは、あなたたちは、いつもはどこにいるのですか?」

「それは、これから向かう我われの星だ。あなたは以前我われの星の、地球人が言う上空に行っているはずだ」

「上空から見ただけではよく分からなかったけど」

「今度は、星に降りるからよく分かるだろう。さあ、準備が出来た。あなたはこのマシンから母船へ自動で移動する」向こう側に座っている者の手が上を指した。

天井部分らしい。ミナの席が後ろへ移動し、乗り物の中央まで行って止まったかと思うと、来た時は自ら締めたベルトが自動的に外れた。

いつの間にか天井部分が丸く開いた。ミナの身体が浮き上がって行った。

「それではまた」と、操縦席の二人の意思が伝わって来た時、ミナは天井の丸い穴からマザーシップへ運ばれていた。

「ミナさんようこそ」

ミナが気づくと、すぐ側に以前会ったことがある長身のETがいた。宇宙服のようなものに覆われていたが、大きな眼を見てそれがプアビという以前会った女性であることはすぐ分かった。

To Be Continued
Sponsored Links
2017/01/31

ミナの行方

春利が次のメッセージを読んだのは、翌日の中学生の授業が終わって間もなくのことだった。妙な予感というか急かされる思いが込み上げてきた。

スマホのラインにはやはりミナからメッセージが入っていた。

「突然プアビさんから案内があり、これから賀茂川の岸辺に向かうけど、スマホは置いていきます」

いつ発信されたか気になり、日付と時間を確認した。

きのうの夕方5時過ぎ・・。春利は前回のメッセージの日付を見た。3日前だった。そう言えば、スマホの電源は入れたが、ラインはチェックしなかった。

春利は、ミナがプアビから、彼らと地球人の架け橋になって欲しい、というメッセージをもらったと以前言っていたことを思い出した。賀茂川の岸辺で空飛ぶ乗り物に出くわしたことは、ミナから数年前に聞いたが、あのとき現れたのは小さなヒューマノイドで、プアビが関係している種ではないと思う。

プアビと言ったら、以前春利が遭遇したマリアさまと関係があると、ミナから聞いた話で思い当たった。

それにしても、現在、空飛ぶ乗り物で宇宙空間を移動しているに違いない。春利は、ふーっと大きく息を吐き出した。前回ミナが、プアビというETに出遭った時は、確か葉巻型の巨大な乗り物だったと言っていたが、何という星の上空へ行ったのかは、ミナにも分からないし、教えてもくれなかったのだろう。

春利は中学生の授業が終わったら夕食の買い出しに行こうと思っていたが、その前にやってみようと思った。

ソファに掛け直し、静かに目をつぶり合掌した。数回ゆっくりと深呼吸した。やがて浮かんできたのは、乗り物の室内だった。そこにいるのは、ミナに違いないと思った。人間とは違うヒューマノイドが2人いるのが分かったが、女性という感じではなかった。

「ミナさん。僕です。春利です。分かりますか?」2人の操縦士の横にいるのはミナに違いなかったが、何の応えも返ってこなかった。春利はもう一度試みたが、やはり反応がなかった。

春利は目を開き、再び大きく息を吐き出した。ミナと接していつの間にか始めた習慣だったが、まだ力不足だと思った。

春利は、エコバッグを手に表へ出た。

ミナからの連絡を待とう。近くのスーパーまでは、歩いて5分余りだった。

To Be Continued

Sponsored Links
2017/01/29

ミナの行方

sm3.jpg

ミナが乗っていたのはスカウトシップと呼ばれるものだろうか。どの空間を超高速で移動しているかは、ミナには分からなかった。

乗った場所は、以前カナと彼らの空飛ぶ乗り物で接触した賀茂川の川べりだった。

知らせは、プアビからだったが、ミナにとっては突然だった。言われるままに体が動いていった。
迎えに行くのは私ではないとプアビは言った。辺りは暗くなっていて、上空は雲で覆われていた。

上空に吸い上げられ、気付くと機内にいた。操縦席にいたのは、ヒューマノイドの顔をした二人だったが、地球でいうロボットではないかとミナ思った。ロボットと言っても、理性も感情もあり、私よりは良くできているヒューマノイドに違いないと直観的に感じたが。

直ぐに座ってベルトを締めるよう案内された。別の空間に入るのだろうと思い窓の向こうに目をやったが、すでに地球の風景は何も見えなかった。フライングオブジェクトの外はどうなっているかまったく分からない。地球の列車でトンネルに入っている時とも地下鉄に乗っている時とも違っていた。地球上での闇とも違い、例えるならジャンボジェットで上空を飛んでいるが、外には何もない状態といった感じだった。別次元との壁は二酸化炭素なのか何なのか、具体的なことは思いつかなかった。

春利がミナからの連絡を確認したのは、塾が夏季講習に入って2週間余りたった時だった。それなりに忙しいのだろうと、あえて春利からは連絡しないようにしていた。梨花とは連絡を取り合っていたが、ミナからはその間一度も連絡が入らなかった。

夜中にラインに入ったメッセージを読み、春利はしばらく呆然とした。

ミナが大学講師を辞めたというのだ。別名で書いていた小説がそれなりに売れ、辞める決心がついたという。

出版した本が予想以上に売れたって? 

春利は初めて聞いた。ミナが小説を書いていたなんて。それまで一度もそのことにふれたことはなかった。

思えば、震災で行方不明になった来未のことがきっかけで春利の前に現れたが、不思議な現れ方だった。

「それで、今、ミナさんはどうしているんだろう。もしや?」という思いが込み上げてきた。

To Be Continued

Sponsored Links